南ゆうこ yuko minami

冬の静けさ

頬杖ついて 春風を待つ日々のはじまり

外は寒く 心あたたか

ボリビアのバスの中で 隣に座った人が言う

娘を理解できないの 

チベットの乾いた家の前

洗濯する母親のそばから離れないこども

人の営みは 変わらず

この世で、人はほんの短い時間を、
土の上で過ごすだけにすぎない。
仕事をして、愛して、眠って、
ひょいと、ある日、姿を消すのだ。
人は、おおきな樹のなかに。

アメージングツリー 長田弘 より

「がんばることばっかりでいやだ」 

と言って眠れない子

「あしたは 帰ったら抱っこでいようか」

と言ったら

「えへへ ねまーす」

笑顔になった。

おやすみ

こどもが言う

ここにはぜんぶあるよ

わらい声と いのちの巡り

壁があれば

考え過ぎて
動けなくなるくらいなら
それが嫌なら
登ってみなさい

と、言ったわけではなく

海辺であそぶ

近頃
寝付きが悪い
眠れない

そんな言葉が聞こえてきて

そうか…
ふーん、なんでかなぁ

と聞きながら

海の近くまで
行ったので
寄り道をする

すこーーーーんと
晴れわたる空と海

思わず

すごいー
ひろいー
わーーー

と それしかでない

あなたが小さい頃
わたしがいちばん大事に思って
いたのは

これでしょう

と思う

一瞬にして
頭を空っぽにしてくれる

そういうものとの出会いが
生きるときに
ものすごく
力を与えてくれる

そこに戻れば
大丈夫なんだと
信じられる感覚

そういうことを
貯めていってほしい

砂だらけになって

娘におみやげに貝を拾って
帰りました。

よく眠れるといいね

土にころんで

ころんだ子の土を払った

受けとめてくれたのは 土

たくさんころんで おぼえなさいね

土の匂い

冬の雨

昨日の一歩は軽かったのに

こんなに一歩が重いなんて

歩き続けたら 

晴れの日には見られない景色に出会えるんだろうか

冬の朝
猫がもどす 
背中の向こうに白い湯気

生きてる

ふたつのせなか
机に向かう

交わらない平行線

気配のあたたかさ